韓流

MAMA2019名古屋チケット当選倍率は?応募方法や申し込みはいつから?

MAMA2019が名古屋に参加したいけど、チケットの当選倍率はどれくらいなのか、応募方法や申込みはいつからなのか?気になりますよね。

当サイト独自の調査では、出演予想アーティストのファンクラブの人数と、会場であるナゴヤドームの収容人数からチケットの当選倍率は20倍以上になるという結論です。

 

チケットの申し込みの時期については、11月前半になると思われます。(2018年は1次先行販売が11月5日からでした)

チケットの応募方法については今年も「チケットぴあ」と「up!!!ライブパス」から申し込みになるでしょう。

 

この記事ではMAMA2019名古屋チケットの情報についてさらに詳しく解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ読んでみてくださいね。

当記事の内容はこちら

・MAMA2019名古屋のチケット当選倍率を計算してみた

・MAMA2019名古屋のチケットの応募方法はどうやるのか

・MAMA2019名古屋のチケットの申し込み時期はいつからか

MAMA2019名古屋の出演者は?発表時期はいつ?大賞や新人賞の予想もMAMA2019名古屋の出演者が誰なのか予想と、確定情報を随時更新していきます。発表時期は昨年の情報から11月前半になることが予想されます。...

MAMA2019名古屋のチケット当選倍率をファンクラブ人数から計算

MAMA2019名古屋のチケット当選倍率について当サイト独自の観点で検証してみました。

チケットの当選倍率は【応募人数÷会場の収容人数】で計算することができます。

 

MAMA2019名古屋は、過去最大規模のイベントになりますが、今まで3日間で行われていたのに対して、今回は1日1会場限りの開催になります。

なので、あらゆる韓流アーティストのファンがその日だけを目指して応募してくるので、当選倍率はものすごいことになるはずです。

 

例えば、ほぼ出演することが間違いないと予想される、BTSの日本国内のファンクラブの人数は40万人以上、世界中の人数では100万人を超えています。

他にもTWICEも国内20万人以上いますし、ファンクラブ人数何万人以上のグループが数多く出演します。

 

そうなると今回のMAMA2019名古屋の応募者数は100万人近くになってもおかしくないでしょう。

となると計算は、

1,000,000÷49,000=約20.4倍
(ナゴヤドームの収容人数が49,000)

という計算になります。

 

とんでもない倍率ですね。

日本だけではなく、アジア各国からの申し込みがあると考えればこれくらいの倍率になるのは当然といえば当然です。

もしチケットに当選したら奇跡レベルですので絶対に参加したいですね。

チケットの応募方法と申し込み開始日はいつから

MAMA2019名古屋のチケットの応募方法ですが、前年と同じであれば「チケットぴあ」と「up!!!ライブパス」から申し込みすることが可能です。

チケットぴあ:https://www.up-now.jp/

up!!!ライブパス:https://t.pia.jp/

昨年は、11月5日(月)12:00からチケットぴあで先行抽選販売お申し込み(1次先行販売)が行われていますので、今回も同時期に販売開始になるのではないでしょうか。

 

チケットの料金は、

プレミアムチケットが29000円(レッドカーペット付)2枚まで同時申し込み可能

通常指定席チケットが22000円 4枚まで同時申し込み可能

というようになっています。

 

昨年のさいたまスーパーアリーナのMAMAでは、先行抽選販売と、一般販売があったので、仮に先行抽選販売で外れたとしても、一般販売に望みが繋がりますね。

チケットを確実に手に入れるためにも「チケットぴあ」または「up!!!ライブパス」へは早めに登録しておくことをおすすめします。

まとめ

今回はの記事では、MAMA2019名古屋のチケット当選倍率や応募方法、申し込み開始はいつからなのかについてまとめていきました。

MAMA2019名古屋のチケットの当選倍率は、当記事の検証では、1,000,000÷49,000=約20.4倍 という超高倍率であると予想しています。

また応募方法については、「チケットぴあ」と「up!!!ライブパス」から申し込みすることが可能になりますので、早めに会員登録を済ませておきましょう。

申し込みの開始日はおそらく、11月上旬になります。

ぜひ参考にしてみてください。